スポンサードリンク

秋田 田沢湖温泉



東北の有名温泉に、秋田県田沢湖温泉があります。田沢湖温泉は、東京からでしたら約3時間、新幹線を使いJR田沢湖駅で下車、さらにバスで約半時間で着きます。日本の北に位置するため、夏は都会と違いとてもひんやりして過ごしやすく、マリンスポーツ、サイクリングなどを楽しむこともできます。秋には見事な木々の紅葉を堪能することができ、冬には、近くの田沢湖高原アッスルスキー場から多くのスキーヤーがこの田沢湖温泉にやってきます。自然情緒豊かな山間にある田沢湖温泉は、訪れる人々の疲れを癒してくれます。

田沢湖温泉にあるホテルは、大型で豪華なホテルが多くあります。特にハイランドホテル山荘、駒が岳観光ホテル、ホテルタザワ、プラザホテル山麓荘などが有名なホテルです。田沢湖温泉から見下ろせる田沢湖は、周囲が約20キロ、水深423.4mと日本一深い湖です。田沢湖には、湖神を祀る御座石神社や、永遠の若さと美しさを神に願った伝説で知られる、辰子像があり観光スポットとなっています。

田沢湖の南には、東北の耶馬渓と言われる抱き返り渓谷があります。渓谷が10キロも続き、奇岩や急流、大小の滝などその景色は、昔から多くの人々の人気を集めています。つり橋「神の岩橋」からの眺望も一見の価値があります。田沢湖温泉は、駒ケ岳から広がる温泉です。源泉は温度が低く、泉質は単純硫黄泉で慢性的な神経痛、リウマチ、動脈硬化、高血圧、糖尿病に良いとされています。温泉のお湯の色は、乳白色のものや透明なものがあります。

田沢湖温泉には、ペンションや小さな温泉宿、オートキャンプ場などもあります。宿の規模が小さくても温泉は完備され、小さな温泉宿やペンションは、地元の人と触れ合うことができ、気軽に打ち解けあうことができます。「田沢湖オートキャンプ場」縄文の森たざわこは、多目的広場やレンタサイクルなど設備やレンタルも充実しています。




posted by 添乗員 at 14:00 | 東北 温泉

スポンサードリンク

秋田 乳頭温泉郷



東北の温泉地として有名な「乳頭温泉郷」は、十和田・八幡平国立公園、乳頭山麓に点在する七湯を総称して呼ばれています。周辺には神秘の湖と言われる日本一の深さを誇る田沢湖や、田沢湖高原があります。田沢湖から3キロほどで秋田藩佐竹氏の湯治場として由緒ある名湯、鶴の湯温泉に着きます。鶴の湯温泉は、乳頭温泉郷で最も古い宿で一軒宿の本陣があり、かやぶき屋根の宿屋が大自然にマッチしています。日帰り入浴客も後を絶たないほど人気の宿で、宿泊するには随分前から予約が必要です。

鶴の湯温泉の次にある、公共の宿泊施設、休暇村田沢湖高原は、近代的な白い洋館の建物です。次に木造のかやぶきの建物に旅館部と茅葺屋根の湯治場(湯治部)が並ぶ黒湯温泉は、ぜひ浸かりたい温泉です。しばらく自然の中の道を歩くと、山の薬湯とも言われる孫六温泉に着きます。孫六温泉は、人も少なく落ち着いた温泉です。

秋田の秘湯、乳頭温泉郷は、鶴の湯温泉を除けば歩いて温泉巡りができる温泉ばかりです。妙乃湯温泉は、日帰り入浴が人気ですが、宿泊ももちろんできます。廃校になった小学校を移築した、まるで木のニスの香りが漂ってきそうな木造の温泉、大釜温泉や、沢蟹がここにたくさんいたことから名づけられた蟹湯温泉など温泉好きにはたまらない温泉ばかりです。

東北旅行の乳頭温泉郷は、温泉マニアには欠かせない温泉であり、もっとも満足の行く温泉に出会えるところでしょう。乳頭温泉郷は、ブナの森の散歩を楽しみながら、湯巡りを楽しめ、すべての温泉に入浴したくなる魅力ある温泉郷です。


posted by 添乗員 at 19:11 | 東北 温泉

スポンサードリンク

東北 人気 温泉



東北には、豊かな大自然の中に、数多くの温泉があります。東北の人気温泉として有名なのは、乳白色の湯を持つ乳頭温泉郷です。7湯8軒の宿の乳頭温泉郷は、田沢湖の北東に位置するひなびた風情の温泉地です。日本一の深さと、高い透明度を誇る田沢湖にあるのは、田沢湖温泉です。乳頭温泉郷、田沢湖温泉には、さまざな泉質があり、慢性皮膚病、動脈硬化症、高血圧症、糖尿病などの効能を持っています。湯の色は、乳白色だけでなく、緑色がかった色や透明な湯などがあり、一つの温泉地でいろいろな種類の温泉に浸かれる楽しみがあります。

慢性皮膚病の効能がある温泉は数ありますが、特に皮膚に効くのが、開湯西暦百十年「奥羽三高湯」に数えられる山形の蔵王温泉です。強い酸性の硫黄泉なので、子供が丈夫に育つ湯や難病治療の湯、美肌の湯とも呼ばれています。また、仙台の奥座敷といわれる宮城県の秋保温泉は、1500年ほどの歴史を持ちます。欽明天皇が秋保温泉の湯により全快されたことから「名取の御湯」の称号もある日本三御湯の一つとして有名です。

他にも、青森には十和田湖温泉郷があり、東北を旅行する人が必ずと言っていいほど立ち寄るスポットです。十和田湖温泉郷は、ボートや遊覧船などを楽しむことができ、一年中観光客で賑わっています。泉質は、皮膚病、やけどや切り傷にも良いとされています。この他、9種類もの泉質がある宮城県の、鳴子温泉は古くから湯治場としても人気の温泉地です。東北の人気温泉は、自然と共存し、秋には紅葉を楽しみ、冬にはスキーを楽しむ客でいっぱいです。

岩手県の花巻温泉は、東北の偉人、宮沢賢治や高村光太郎が愛した温泉です。旅館街は松や桜の並木に囲まれ、花巻温泉に浸かりながら昔の偉人を偲んでみるのも風情があります。山形県には、江戸初期の大銀山を由来とした、大正ロマンを味わえる銀山温泉があります。そばや尾花沢牛に舌鼓を打ち、足湯を楽しみ、ゆったりと流れる時を楽しむのも温泉地ならではの醍醐味です。東北の人気温泉は、自然との一体感を感じ、心と体をゆっくりと回復することのできる癒しの温泉です。


posted by 添乗員 at 18:59 | 東北 温泉
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。